今回の復旧作業にあたり、最も大変であろうと予測してたのが『由美と美弥子』でした。
 これは『由美美弥』に限らないのですが……。
 うちの記事にはすべて、文章の末尾に、前後の回へのリンクが貼ってあります。
 これは、システム的に表示できてるわけではなく……。
 すべて、本文の末尾に、リンクタグを直接埋めこんであるのです。
 『由美と美弥子』が大変というのは、その数です。
 1904回分のリンクタグを書き換えなければなりません。
 当初は、これを記事の編集画面でやらなければならないだろうと思ってました。
 つまり、1904回、編集画面に入り、直接書き換える方法です。
 1回を1分で終えたとしても、すべてにかかる時間は、1904分。
 すなわち、32時間です。
 毎日2時間ずつ作業したとして、16日もかかってしまいます。
 途中で心がくじけないか、心配でした。
 で、なんとかならないかと思い、いろいろとライブドアブログの機能を調べてみました。
 すると、“上書きインポート”という機能があることがわかりました。
 普通、記事をインポートした場合、新しい記事になってしまいます。
 でも、記事のIDを既存の記事と同じにしておけば、上書きしてくれるのです(参照)。
 つまり、下の手順を踏めば、編集画面に入らずにリンクを張り替えられるわけです。

1.FC2からエクスポートしたデータを、ライブドアにインポート。
2.インポートしたデータを、そのままエクスポート。
3.エクスポートしたデータを編集し、リンクアドレスを書き換える。
4.そのデータを再びインポート(上書き)。

 これで、メドが立ちました。
 ↓あと問題は、リンクアドレスの書き換え作業なんですが、素晴らしいフリーソフトを見つけました。

AOK CRLF Converter

 このソフトは、一口で云うと……。
 文字列の変換テーブルをテキストファイルで作っておけば、そのとおりに変換してくれるんです。
 変換テーブルの書き方は、ごく簡単。
 左に変換前文字列を記述し、タブを挟んで、右に変換後文字列を記述すればいいのです。
 つまり、FC2での記事URLを変換前文字列とし、ライブドアでの記事URLを変換後文字列とするんですね。
 もともと、FC2での記事ごとのURLリストをEXCELで作ってあったのも大きなアドバンテージでした。
 わたしの変換テーブルは、2,500行以上になりましたが、問題なく変換できてます。
 このソフトがなければ、これほど早い復旧は出来ませんでした。
 心から感謝します。

 あと、ライブドアでの記事のURL取得方法ですが、これも簡単。
 エクスポートしたテキストファイルをコピーし、そのままEXCELに貼り付けるんです。
 で、全行に対し、データの並べ替えを行う。
 すると、データに含まれる記事のURL部分だけが、1箇所に固まってくれるのです。
 ただ、1904回分は、一挙に出来ません。
 ファイルの容量がデカすぎて受け付けられないからです。
 そこでわたしは、ファイルを100回ごとに区切りました。
 で、記事100回毎にサブカテゴリ(「0001~0100」「0101~0200」など)を付けました。
 もっと大きくても大丈夫ですが、100回に切ったのは理由があります。
 編集画面に、記事が100回分しか表示出来ないからです。
 100回分表示される記事を、一挙にカテゴリ付与すればいいので、作業が単純化出来ます。

 一連の作業を行ったのは、12月30日。
 作業のシーケンスを間違わないよう、「作業手順書」を作成してからあたりました。
 記事のエクスポートデータは、UTF-8というコードなんですが……。
 わたしの使うエディタ(QX)は、このコードに対応してないのです。
 なので、別のエディタ(SAKURA)を使い、Shift_JISに変換してから作業を行い……。
 インポート前には、もう一度UTF-8に戻さなきゃなりません。
 作業工程が複雑になってしまうので、「作業手順書」は必須でした。
 結局、『由美と美弥子』の復旧作業は、全行程6時間弱で完了することが出来ました。
 復旧を焦って、闇雲に力技でやろうとしたら、今もまだ終わってないでしょう。
 ひょっとしたら、途中で心が折れてしまうかも知れません。
 まさに、『急いては事を仕損じる』です。

 FC2でアダルトブログを運営していて、禁止ワードのハードルが上がり、困っていらっしゃる方もおられるかと思います。
 ご参考になれば幸いです。